安全に走行する為にも必要な自転車保険の内枠

自転車をこぐサラリーマン

満足のいく補償を

サービスの説明を受ける

加害者になるかもしれないという最悪のケースに発展する場合を事前に想定して自転車保険の加入をする人は意識が高く良いと言えるでしょう。
ただ、自分自身も双方も自転車保険の加入をしていなければ満足いく補償は受けられません。
仮に、事故の被害者になれば怪我もしくは後遺症が残るでしょう。仕事を長期休みになり収入を得ることも難しいです。
また、これからどうすれば良いのかと被害者側である自身が精神的負担を感じてしまうのです。これは、大きなストレスになる可能性もあり満足のいく休養が取れないでしょう。
相手がまだ自転車保険に加入していれば、補償を充分に受けることもできたのです。裁判で決定された損害賠償金は、加害者に請求を求めますが加入していないので支払いが滞る可能性も出てきます。
しかしまだ望みは捨てられません。自転車保険と言っても現在は火災保険や自動車保険、損害保険と積立保険に特約として追加されていることがあります。
事故の被害者になった時は、自転車保険単体の加入ではなく特約の面でも確認をしておくべきでしょう。万が一、相手が保険の加入をしていない場合も自分が入っている保険で補うことができます。
尚、勤務時間内に起こした事故の場合は適用されない可能性もありますので、個別で相談する必要があります。
結果として、相手の不注意で起こった事故も他の保険があれば充分に役立てることができます。まずは相手の保険加入の有無を自動車保険と合わせて確認しましょう。