安全に走行する為にも必要な自転車保険の内枠

自転車をこぐサラリーマン

加害者になる場合も

ロードバイク

普段何気なく生活を送っていても、偶然が重なれば被害者にも加害者にもなる可能性があります。
ただ怖いのは、自分は大丈夫という妙な過信です。特に運転に慣れはじめた頃はこの状態が発生する為重大な事故を引き起こす場合もあるのです。
あの時、注意していれば良かったと後悔しても遅いです。時間を戻すことも出来ません。ではどうするべきなのかというと、それが備えになります。
近年、自転車の利用率が上がったことに比例して死亡事故も発生しています。
何気なく走行しているスピードは、坂道になると人を吹き飛ばす程の威力です。打ちどころが悪ければ最悪死亡するケースもあり得ます。
命は助かっても下半身付随や頭を強く打ったことで目を覚まさない可能性もあります。後遺症の影響でまともに仕事ができず、治療期間が長引けば生活費も合わせて賠償していかなくてはいけません。
生活は一変し、事故を起こした自分自身を責め、後悔の念に押しつぶされるでしょう。ただ、自転車保険に加入すれば、1億円という賠償金の補償を行いますので加入をしない状態と比べれば少しは楽です。
逆に自転車保険の加入をしていない場合は、生活も厳しくなるので覚悟してください。事例を見ても分かる通り、自転車保険の加入有無関係なく一億円を超える賠償金の支払いは必ず行う必要があります。
自身の不注意で、もしかしたら子どもの危ない走行が招いたかもしれません。社会人ならともかく我が子が加害者になれば親としての責任を全うせざるを得ないのです。
誰でも走行できるからこそ、危ないものです。子どもは特にその認識を持っていない可能性がある為、万が一を想定した自転車保険の加入をする保護者も増えています。子供に安全の大切さを意識させる為にも親として指導をしていき、自転車保険の加入を検討していきましょう。